便秘に効くフルーツについて

便秘解消に効果のあるフルーツについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘解消効果のある食べ物として、フルーツを挙げることができます。多くのフルーツには、腸内の善玉菌の増殖を助ける成分が豊富に含まれるためです。フルーツを食べると、それらの成分の相乗効果により、優れた便秘解消効果が望めます。フルーツの中でも特に便秘解消効果の高いものをピックアップしてご紹介します。

フルーツに含まれる便秘によい成分とは?


フルーツの中には、食物繊維、ビタミンCが豊富に含まれているものが多いです。食物繊維には不溶性と水溶性があり、不溶性食物繊維は、便のかさを増やし、便通を促進する働きがあります。水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌のエサとなり、その増殖を助けます。またビタミンCも、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。

また、フルーツの中には、果糖に加えオリゴ糖を含むものもあります。オリゴ糖は善玉菌の大好物でもあり、オリゴ糖には、腸内の善玉菌を増やす働きがあることが実証されています。

りんご

りんご


フルーツの中でも、特に便秘解消効果の高いフルーツです。水溶性の食物繊維であるペクチンや、オリゴ糖(アラビノオリゴ糖)が含まれています。

ペクチン(水溶性食物繊維)も、オリゴ糖(アラビノオリゴ糖)も腸内の善玉菌のエサとなり、増殖をサポートします。さらにペクチンは、便を軟らかくする働きもあり、スムーズな排便が望めます。

バナナ

バナナ


水溶性と不溶性の食物繊維の両方がバランスよく含まれています。善玉菌の大好物であるオリゴ糖(フラクトオリゴ糖)や、便を軟らかくする作用のあるマグネシウムも豊富です。

バナナの中でも青バナナは、第3の食物繊維といわれるレジスタントスターチも豊富で、特に便秘解消効果が高いです。

※バナナとリンゴをすりおろしたものを夕食後のデザートに食べるという便秘解消法は、効果が高く、おすすめできます。

スポンサーリンク


キウイ

キウイ


ペクチン(水溶性食物繊維)やビタミンCが豊富に含まれています。その含有量は、フルーツの中でもトップクラスです。また、キウイには、自律神経のバランスを整える働きもあり、痙攣性の便秘の解消に特に効果的です。

みかん

みかん


ビタミンCやペクチンが豊富です。特にみかんの皮や白い筋の部分にペクチンが多いので、これらを取らずに一緒に食べるようにしましょう。

アボカド

アボガド


フルーツの中でもダントツといえるくらい高い栄養価を誇っています。特に水溶性食物繊維の含有量は、フルーツの中でもトップクラスです。オレイン酸などの良質な脂質も豊富です。

オレイン酸を摂取すると、腸に適度な刺激が伝わり、ぜん動運動が活発になります。また、オレイン酸は潤滑油にもなり、便の滑りをよくします。

プルーン(ドライフルーツ)

プルーン


プルーンは、主にドライフルーツとしておなじみです。ペクチン(水溶性食物繊維)、不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。さらに、糖アルコールである、ソルビトールも豊富で、これは便秘薬や下剤の成分となるほど、緩下作用が強いです。そのため、食べ過ぎるとお腹が緩くなるので、要注意です。

ぜん動運動の働きが低下が原因の便秘(弛緩性便秘)には、特に便秘解消効果大です。

その他


このほかにも、便秘解消効果のあるフルーツには、以下のようなものがあります。

スイカ、いちじく、あんず、梨、いちご、ブルーベリー、桃など。

このように、フルーツと名のつくものなら、ほぼすべて、それ相応の便秘解消効果が期待できるいえそうです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事