女性に便秘が多い理由について

男性よりも女性に便秘の割合が多い理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘の女性


多くの女性が便秘に悩まされています。実際、便秘になる割合も、男性よりも女性に圧倒的に多いことが、厚生労働省による調査結果でも明らかになっています。なぜ便秘に男女差が出てくるのでしょうか?そこで今回は、男性よりも女性に便秘割合が多い、その理由について詳しくお伝えします。

女性ホルモンの影響


女性は男性に比べて、女性ホルモンの影響を受けやすく、そのために便秘になりやすいです。これは女性ホルモンが、自律神経と密接に関係しているためです。

女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンがありますが、便秘を招きやすいのは黄体ホルモンです。女性は、生理が近づくと、黄体ホルモンの分泌が盛んになり、自律神経のバランスを乱すことになります。

腸は、自律神経によってコントロールされているため、自律神経のバランスが乱れると、腸のぜん動運動もうまく機能しなくなり、排便が困難になります。

また、黄体ホルモンには、体内の水分を吸い取って溜め込む性質もあるため、腸の水分も吸い取られて、結果、便が硬くなり、さらに排便が困難になります。

特に生理前になると、便秘に悩まされる女性は非常に多いです。

スポンサーリンク


女性は男性よりも筋肉量が少ない


女性は男性に比べて、筋肉量が少なく、筋力も弱い傾向にあります。排便の際には、腹筋を使う必要があります。多少便が硬くても、腹筋がしっかりしていれば、うまくいきんで、排便することが可能です。しかし、筋力が弱いと、うまくいきむことができずに、排便が困難になります。元々女性は、腹筋が弱いために、いきむことにも限界があり、その分男性よりも便秘になりやすいと考えられます。

尚、筋肉量は、男女問わず、運動不足や加齢によっても低下します。男性でも運動不足や加齢によって便秘しやすくなります。

女性は我慢する機会が多い


女性は男性に比べて、便意を催しても我慢しなければならないような状況に陥りやすいようです。特に仕事と子育てと家事に追われているワーキングミセスの場合、朝の時間は非常に慌ただしく、時間に追われているうちに、ついつい便意を我慢してしまうというケースがよくあります。

便意を我慢することを何度も繰り返してしまうと、次第に、便がたまっても便意そのものを感じなくなってしまい、その結果、慢性的な便秘に陥ってしまうのです。

極端なダイエットが原因で便秘に


一般的に、男性よりも女性のほうが美容への関心が高く、自分の容姿を気にする傾向が強いです。そのため極端なダイエットに走る女性も少なくありません。

過度なダイエットによって、食物繊維や脂質などが不足してしまうと、便秘になりやすいです。また、ダイエットによって食べ物の量が少なくなるため、便のかさも減ります、かさが減ると、そのぶん、腸を刺激することが難しくなり、そのことも便秘に拍車をかけることになります。

その他の理由


その他にも、女性は男性に比べて、甘いもの好きなことやストレスに敏感な点、冷えやすい点なども、男性よりも女性に便秘の割合が多い理由として考えられます。ちなみに、甘いものもストレスも冷えも、全て便秘の引き金になります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事