便通よしこについて

便通よしこのプロフィール

このエントリーをはてなブックマークに追加

便通よしこ


 

こんにちは。便通よしこです。このページでは、私の経歴について生い立ちから説明をしています。また、便秘に対しての強い想い、このサイトを立ち上げた経緯についても語っています。少し長いかもしれませんが、どうぞお付き合いください。

便通よしこの職業
  • 某健康食品会社の専務取締役

保有資格
  • 管理栄養士
  • 健康管理士一般指導員

誕生〜小学生まで


1980年(昭和55年)に神奈川県横浜市で生まれました。母はかなり頑固な便秘、父もまあまあの便秘という便秘家系に生まれた影響か、両親の便秘体質をしっかりと引継ぎ、生まれた頃から便秘に悩まされていました(涙)。

物心ついた頃から快便だった日の記憶はあまりなく、まだ小学生にも関わらず、便秘で病院通いをしていました。授業中にお腹が張って苦しくなって、何度も保健室に足を運んだのを今でも鮮明に覚えています。

中学時代


中学生になっても便秘は解消されず、若くして「コーラック」デビューをしてしまいました。この頃には、自然に便意を催すことはほとんどなく、しばらく出なかったらコーラックで出す、の繰り返しで、完全に悪循環に陥っていました。

コーラックの副作用による激しい腹痛で、夜中に顔面蒼白になりながら何度もトレイに駆け込んだのを今でもよく覚えています。あの苦しさは、コーラックを飲んだことがある人しかわからないかもしれませんね。

便秘が続くとおならがすごく臭くなるのですが、授業中は、どんなにおならが漏れそうになっても必死に堪えました。思春期だったので、教室内の男子から臭いと思われるのだけは、絶対に嫌でした。今となってはよい思い出です(笑)。

高校時代


高校から女子高に進学しました。女子高を選んで一番よかったことは、教室内に男子がいなかったので、便秘の悩みについて思う存分、女友達と話ができたことです(笑)。

将来の進路を決める時期になり、色々と悩みましたが、正直、「将来はコレになりたい!」というのがなかったので、唯一興味のある分野であった”健康”に関われる仕事ということで、管理栄養士を目指すことにしました。

大学時代


某大学の管理栄養士学科に進学し、本格的に栄養学について学ぶことになりました。さまざまな栄養素とその重要性について学びましたが、ここで初めて、食物繊維という栄養素があること、食物繊維が便秘の解消に欠かせないことを知りました。

大学生になってからも相変わらずコーラックは手放せませんでしたが、食物繊維を多く含む食品を意識して摂るようになってから、コーラックを飲まない日でも、自然と便意を催す日が増えてきました。

便秘の悩みから解放されたわけではありませんが、重症レベルの便秘が普通レベルの便秘には、なんとか改善されました。

総合病院で管理栄養士として働き始める


大学卒業と同時に管理栄養士の免許を取得し、新卒で総合病院に管理栄養士として就職しました。ただ、実際の仕事は、栄養の指導というよりも、大量調理(入院中の患者さん向けに大量の食事を作る)だったので、かなりの激務でした(汗)。

就職してから3年間は、順風満帆な社会人生活を送っていましたが、職場で今の主人と出会い、結婚、出産を機に退職しました。

主婦になってから本格的に便秘を解消する決意をする


主婦になってからも、管理栄養士として知識を生かして、食物繊維を多く含む、且つバランスのよい食事を摂っていたのですが、仕事をしていた時に比べて便秘が酷くなっていました。

そして、ある日息子に近所の人達の前で「お母さんがトイレに入った後は臭い!」と言われたことが本当に本当にショックで・・・・・「何としても便秘を解消してやる!」と決意しました。

そして、図書館通いが始まりました。便秘を解消するための本を徹底的に読み漁り、便秘に対しての知識を身につけていきました。でも最初の頃は、本で学んだことを色々と試してみましたが、相変わらず便秘体質は改善されませんでした。

遂に便秘を解消する方法を見つける


当時は、「コレが便秘に効く!」という情報を見つけると、それを一つ一つ実践していたのですが、一向に便秘は解消されませんでした。

そこで、「コレが便秘に効く!」ということを、一つではなく可能な限り全て生活に取り入れて実践をしたことろ、20年以上も悩まされた便秘の悩みから遂に解放されたのです。

便秘にはさまざまなタイプがありますが、もしあなたの便秘が、恒常的に便秘薬を飲まないと排便がないような頑固な便秘なら、「コレが便秘に効く!」ということを一つだけ実践しても、ほぼ効果はないでしょう。

頑固な便秘を解消するには、「コレが便秘に効く!」と言われていることを可能な限り多く生活に取り入れて、実践しなければいけません。

便が固くならないように毎日水分をたくさん摂らなければいけませんし、食物繊維も不溶性と水溶性の両方をバランスよく摂取できるように食べるものを考えなければいけません。腸の蠕動運動が活発になるように適度な運動も必要ですし、腸内の善玉菌を増やす効果のある乳酸菌を多く含むヨーグルトや漬物も積極的に摂らなければいけません。

とにかく、「コレが便秘に効く!」とうものを可能な限り多く生活に取り入れて、腸に溜まった便がうまく排出される仕組みを作り上げることが大切だということに気づきました。

某健康食品会社で働き始める


子供もそれなりに大きくなり、手間もかからなくなったので、家計を支えるために仕事をすることにしました。私が応募したのが、某健康食品会社の事務員です。この会社は立ち上げたばかりの小さな会社でしたが、当時はリーマンショックの影響で不況だったこともあり、数少ない応募可能な求人でした。

私の場合は、管理栄養士の免許と健康管理士一般指導員の資格を持っていたこともあり、それがポイントとなり採用されました。

就職した当初は、事務員として資料作成や社長の秘書のうような業務を担当していたのですが、入社から1年も経つ頃には、新しい健康食品の開発を行うにあたって、社長からいろいろとアドバイスを求められるようになりました。

健康食品の開発には、栄養学の知識がかなり必要とされますが、管理栄養士の免許を持っている私は、社長に頼られる存在になっていったのです。

そして、入社3年目に新商品の開発責任者になり、4年目には、一介の事務員だった私が、従業員30人程度の中小企業ですが、専務取締役にまでなることができました。

便秘が解消されれば人生が変わる


私がこのサイト(便秘解消ドリル)を立ち上げた理由は、至ってシンプルです。一人でも多くの便秘で悩んでいる人達に便秘を解消してもらい、よりよい人生を生きてほしいからです。

便秘が解消されれば、間違いなく人生は大きく変わります。決して大袈裟なことを言っているわけではありません。

私自身、生まれた頃から酷い便秘で悩まされていましたが、実際には便秘が原因によるさまざまな体調不良(疲れやすい、肌荒れ、むくみ、各種アレルギーなど)にも悩まされていました。それが、便秘を根本から解消したことで、信じられないくらい健康になれたのです。

ただの主婦だった私が、一企業の専務取締役を務めることになるなんて、当初は想像すらしていませんでした。すべては便秘が解消されたことで、すごく健康になり、潜在能力を最大限に引き出せたことがその主要因だったと、今でも信じて疑いません。

私の今の一番の楽しみは、一人でも多くの人を健康へと導くことです。健康食品会社で働く者にとって、これ以上の幸せはありません。

以上


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事