便秘とアトピー性皮膚炎の関係について

便秘が原因でアトピー性皮膚炎が悪化する理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピー性皮膚炎


便秘とアトピー性皮膚炎には密接な関係があります。アトピー性皮膚炎になると便秘しやすく、便秘がひどくなると、アトピー性皮膚炎の症状も悪化します。また、慢性的な便秘が原因で、アトピー性皮膚炎を発症する場合もあるようです。なぜそのようなことが起こるのでしょうか?これから順を追って詳しくお伝えします。

アトピー性皮膚炎は腸内環境の悪化が原因


アトピー性皮膚炎は、腸内環境の悪化により、腸の免疫機能に狂いが生じるために引き起こされると考えられています。

これは、腸が身体全体の70%近くもの免疫細胞が集中している体内の最大の免疫器官でもあるためです。腸内環境が悪化すると、腸そのものの働きが鈍り、免疫機能に狂いが生じ、誤作動を起こしやすくなってしまいます。その結果、アトピー性皮膚炎をはじめとする様々なアレルギー性疾患が発症すると考えられています。

腸内環境が悪化するのは、腸内に生息する悪玉菌が増えすぎて、善玉菌とのバランスが悪くなってしまうためです。腸内で悪玉菌と善玉菌のバランスが悪くなると、善玉菌が悪玉菌の悪い働きを抑え込むことができなくなります。悪玉菌が増えれば増えるほど、腸内は、悪玉菌の産出する有害物質であふれかえることになってしまいます。

スポンサーリンク


それらの有害物質が、腸粘膜にダメージを与え、腸壁は炎症が起こると、その部分の腸壁のバリア機能が壊れ、そこから、本来入ってくるはずのない未消化物のたんぱく質が血液中に入り、それがアトピー性皮膚炎などのアレルギー反応を引き起こす原因物質(アレルゲン)となってしまうのです。

実際に、アトピー性皮膚炎の患者さんの中には、腸内環境や腸内細菌のバランスに問題を抱えているケースが非常に多くみられます。さらに重症のアトピー性皮膚炎の場合、大腸炎も併発しているケースが圧倒的に多く、皮膚の炎症と腸の炎症には、相関関係が成立するようにしか思えません。

便秘になると腸内環境が悪化する


便秘になると、腸内に便が滞留し、便の腐敗がどんどん進み、そこに悪玉菌が群がって爆発的に繁殖してしまいます。その結果、腸内は、悪玉菌が繁殖の際に副産物として産出する毒素や有害物質でいっぱいになり、腸内環境が悪化してしまいます。

アトピー性皮膚炎を発症している時点で、すでに腸内環境は悪化していると考えられます。そのような状態で便秘になってしまうと、腸内環境はさらに悪化し、その結果アトピー性皮膚炎の症状も更に悪化すると考えられるわけです。

逆もまた真なり


アトピー性皮膚炎を発症しているときは、すでに腸内環境が悪化しているために、便秘になりやすとも考えれます。そうなってくると、もう、「卵が先か鶏が先か」という話になってしまうかもしれません。

確かなことは、便秘もアトピーも、その発症には、腸内環境の悪化が絡んでいるということです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事