赤ちゃんの便秘と離乳食について

離乳食が原因で赤ちゃんが便秘に・・対処法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんと離乳食


赤ちゃんの便秘の原因のひとつに離乳食があります。実際、離乳食を食べるようになってから、赤ちゃんが便秘になってしまうことは、比較的よくあるケースのようです。今回は、離乳食が原因で赤ちゃんが便秘になってしまった場合の対処法についてお伝えします。

なぜ離乳食が赤ちゃんの便秘の原因になってしまうのか?


1.母乳やミルクの量が減ることによる水分不足

離乳食を始めると、必然的に授乳量が減ります。母乳やミルクが減ってしまう分、水分が不足しやすく、便が固くなりやすいようです。便が固くなると、排出しづらくなるためにやはり便秘しやすくなるようです。

2.消化吸収がよすぎる

離乳食でも初期の頃は、赤ちゃんが食べやすいように、細かくつぶしてドロドロ状のものが多いです。消化吸収がよい分、食べカスが残りにくく、便の元となる成分が不足してしまうために、便のかさが増えず、便秘になる場合もあるようです。

スポンサーリンク


3.赤ちゃんの腸内環境の変化

母乳やミルクには、善玉菌を増やすオリゴ糖(ミルクオリゴ糖)が豊富に含まれています。離乳食が始まって、授乳量が減った分、赤ちゃんが取り込むオリゴ糖の量も必然的に減ってしまうため、その分、善玉菌も増えにくくなります。さらに、離乳食によって、赤ちゃんの体内には、様々な細菌が取り込まれていくため、腸内に棲む細菌の構成(腸内フローラの構成)が、かなり大きく様変わりし、それが原因で便秘になる場合もあるです。

4.離乳食のバランスに問題がある

例えば、動物性のたんぱく質や脂質が中心で、食物繊維が不足するなど、離乳食の栄養バランスが偏ってしまっている場合、赤ちゃんの腸内の善玉菌を減らし、悪玉菌を増やすことになりやすいため、それが原因で赤ちゃんの腸内環境が乱れ、便秘になる場合も考えられます。

5.離乳食がストレスに

赤ちゃんにとって離乳食を食べることがストレスになり、そのストレスのせいで腸の働きが鈍って、結果、便秘になってしまう場合もありえます。例えば、欲しがらないのに無理やり食べさせたり、離乳食が赤ちゃんの嫌いな食材ばかりだったり、 食事そのものの雰囲気がよくなかったり、赤ちゃんが離乳食に関してマイナスのイメージを持ってしまうと、ストレスになります。

離乳食が原因の便秘の対処法


赤ちゃんの便秘の原因が離乳食であると明らかに特定できた場合、対処法として以下の方法を挙げることができます。

1.水分補給

母乳やミルクが減った分、汁物を増やす、果汁を与えるなどして、十分に水分が取れるように工夫してみてください。白湯をこまめに与えるという方法も効果的です。

2.赤ちゃんの腸内環境の改善

オリゴ糖や水溶性の食物繊維が豊富な食材など、赤ちゃんの腸内の善玉菌を増やす働きが望める食材を、進んで離乳食に取り入れるように心がけましょう。腸内の善玉菌が増えてくれれば、悪玉菌の繁殖が抑えられ、腸内環境も改善でき、便秘解消が望めます。

3.離乳食を楽しめる工夫

離乳食の時間を、赤ちゃんにとって楽しい時間にする必要があります。無理に食べさせようとしたり、急かして食べさせようとしたり、とにかく赤ちゃんにマイナスイメージを植えつけるようなことは極力控えるように心がけましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加