赤ちゃんの便秘と粉ミルクについて

赤ちゃんの便秘におすすめ!添加物ゼロで安心のカイテキオリゴ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

粉ミルク


粉ミルクが赤ちゃんの便秘の原因になる場合もあります。一般的に母乳を飲んでいる赤ちゃんよりも、粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんのほうが便秘になりやすい傾向があるようです。それまで母乳を飲んでいたのに、粉ミルクに変えたとたんに便秘になってしまう赤ちゃんもいるようです。いったい粉ミルクのどこに便秘を招く要因があるのでしょう?さらに詳しくお伝えします。

粉ミルクの銘柄が赤ちゃんに合わない場合


天然の母乳の成分と人工的に作られた粉ミルクの成分では、どうしても違いがあります。もちろん、今の粉ミルクは、非常に優れていて、技術の進歩により、限りなく母乳に近いものになっているようですが、それでもまだ、母乳にはかなわない点が出てきてしまうようです。

そのため、赤ちゃんの体質に合わない粉ミルクを与えてしまうと、その粉ミルクが原因で便秘になることがあるようです。赤ちゃんの体質に合わない粉ミルクとは、赤ちゃんの腸や赤ちゃんの腸内に棲みついている善玉菌との相性の悪い粉ミルクと言い換えることもできます。

スポンサーリンク


赤ちゃんの腸や腸内の善玉菌と相性の悪い粉ミルクを飲んでいると、腸内の善玉菌を増やすことができません。善玉菌が増えてくれないと、腸内環境を良好な状態に保てなくなり、その結果、便秘を招くことになるようです。

ただ、その場合は、粉ミルクの銘柄を替えることで、すんなり便秘が解消されることもよくあるようです。

粉ミルクを溶かす量を間違えている場合


粉ミルクは、浸透圧のことを考慮し、お湯に溶かす分量がきちんと決められています。もし、この分量が間違ってしまっていると、便秘を引き起こす場合があります。

腸は、一定の浸透圧を保つために水分量を調節しています。もし、決められた分量よりも少ない量を溶かしたミルクや、分量は正確でも十分に溶かしきれていないミルクを赤ちゃんに与えている場合、低い浸透圧の状態で腸に入ってくることになります。そうなると、腸は浸透圧を調整しようと水分を取り込むため、便がかたくなってしまい、便秘を招きます(逆にミルクが濃すぎた場合は、下痢を招きやすくなるようです)。

この場合は、分量を守り、よく溶かすしたミルクを与えることで、便秘が解消します。

粉ミルクにオリゴ糖を混ぜて飲ませるのもオススメ


粉ミルクの銘柄を変えたり、浸透率に配慮しても赤ちゃんの便秘が解消されない場合、粉ミルクにオリゴ糖を混ぜて赤ちゃんに与えることで、腸内環境の改善が期待できます。

善玉菌のエサとなるオリゴ糖を粉ミルクにプラスすることで、腸内の善玉菌を順調に増やすことができれば、その結果、便秘が解消します。

ただし、粉ミルクに混ぜるオリゴ糖は、100%天然のオリゴ糖に限ります。砂糖や添加物が含まれているものは除外してください。

尚、オリゴ糖を生後1か月未満の赤ちゃんに与えるのはNGです。その点にはくれぐれもご注意願います。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加