赤ちゃんの便秘で病院に行く目安について

赤ちゃんの便秘が酷い・・病院にいく目安とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘の赤ちゃんを病院へ


赤ちゃんが便秘になったときに、病院に行くべきかどうか判断に迷うケースは少なくありません。しかし、赤ちゃんの便秘は、時に深刻な事態を引き起こす場合もあり、けしてあなどれません。いたずらに神経質になる必要はありませんが、赤ちゃんの便秘の症状をしっかりと見極め、適切に対処することが重要です。

生後まもない赤ちゃんの便秘の場合は即病院へ


生後まもない赤ちゃん(生まれてから1ヶ月以内)は、母乳やミルクを飲めば、胃腸が刺激を受け、反射機能が働くため、自然と排便することになります。そのため生後間もない赤ちゃんは、通常、1日に何度も少量ずつ排便します。

母乳やミルクを飲んでいても、まったく便が出ていない場合は、腸や内臓に疾患がある心配があるため、即刻、病院で診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク


赤ちゃんの便秘で病院へ行く目安について


生後2か月目以降の赤ちゃんの便秘で病院に行く目安は、便が出ているいないかよりも、便の状態や赤ちゃんの様子を重視してください。

1.まずは赤ちゃんの排便のペースを確認

便が毎日出ていなくても、2〜3日に規則正しいリズムで排便があり、赤ちゃんの機嫌もよく、母乳やミルクもよく飲むのであれば、それは便秘には該当せず、それがその赤ちゃんの排便のペースであると考えられます。

1日排便がなかった場合でも、赤ちゃんの機嫌がよければ、すぐに受診せずに2〜3日様子を見てみましょう。

2.便秘解消法を試みてもうまくいかない場合

赤ちゃんのお腹を優しくマッサージしたり、オリーブオイルを塗った綿棒で赤ちゃんの肛門を軽く刺激するなどの方法で、便秘が解消する場合はよくあります。このような方法を試しても、いっこうに便秘が解消せず、赤ちゃんの便秘が続く場合は、病院で診てもらいましょう。

3.赤ちゃんの様子を確認

赤ちゃんのお腹がはる、お腹を触ると痛がって泣く、いきむと大泣きする、食欲がない、不機嫌になるなど、赤ちゃんのお腹の状態や赤ちゃんの様子に変化が見られたとき、それは便秘が酷い状態であることを意味しています。病院に行き、適切な処置を受けましょう。

赤ちゃんの便秘で病院に行く場合


赤ちゃんの便秘解消のために、病院に行く場合、赤ちゃんの便秘の症状に関する正確な情報をお医者さんに伝えることが一番大切になります。

お医者さんは、問診によって、赤ちゃんの便秘の状態を判断します。お医者さんは、情報の内容によっては、便秘の深刻度(緊急性)を判断します。もちろん、情報に基づいて処置が行われるので、お医者さんに伝える情報の正確さも重要になってきます。

一般的には、お腹がはって赤ちゃんが辛そうな場合は、浣腸で溜まった便を排泄させるという処置がとられるようです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加